露出羞恥系何か

露出・羞恥に関するゲーム、エロゲー、同人作品、マンガ、AV等のレビュー。

ウィルテイム

真理絵の露出狂伝説

作品名 真理絵の露出狂伝説
作者 ウィルテイム、公式サイトDLsite
形式 ビジュアルノベル
画像 真理絵の露出狂伝説 サンプル画像 真理絵の露出狂伝説 サンプル画像
感想  新体操をやっているお嬢様が偶然小さいブルマで運動しなくてはならなくなり、それをきっかけに露出に目覚めていく作品。

 シチュエーションは
・手違いで小さいブルマが用意されてしまい、それを着て講義に出る
・その興奮を味わいたくなり、小さいレオタードで新体操の練習
・白いレオタードの下にニップレスと紐パンをつけずに練習、そのままイってしまう
・夜の教室で全裸になり撮影
・クラスメイトがいる公園でしゃがんで放尿
・車の中で下半身裸になり友人と会話、オナニー
・ノーパンノーブラで体に落書きした状態で授業に出る
・授業中に、太ももにテープで取り付けた紙コップへの放尿
・授業時間帯に更衣室でオナニー
・野球大会にて、ノーパン、水性ボディペイントでチアリーダーとして踊り、バレる、放尿
・新体操の大会にて、乳首にリボン、クリトリスにイヤリングという格好で平均台へ、そこでオナニー
という感じです(全て紹介文にも大体書いてありますね)。


 多くの露出系作品を発表しているウィルテイムさんの作品。このブログでは「優美の露出狂伝説ハードコア」や「アダルトビデオにでませんか」などを紹介しています。

 分岐なしのストーリーで男性との絡みは一切無し、ひたすら露出の作品です。主人公から見た周囲のざわつきや会話と自分が何を感じているかを実況し、自分が露出狂なんだと段々と自覚していく様子が丁寧に描かれています。
 夜の学校で裸になる、といった普通の露出プレイと、授業中に紙コップへ放尿といったアブノーマルな露出の両方が収録されています。シチュエーションは豊富なのに全体的に短く感じましたが、流石ウィルテイムさんといったマニアックさが良いですね。
満足度 ★★★☆☆

なお、この作品は露出狂伝説シリーズ5作目です(独立した作品です)。こちらのシリーズは、露出が好きな人にはお勧めできます。

奈落隷戯

作品名 奈落隷戯
作者 ウィルテイム、公式サイトDLsite
形式 ビジュアルノベル
画像 奈落隷戯 奈落隷戯
感想 軍へ召集された3人がセクハラされながら屈服するまでの話。

露出シーンは
・授業で前に立ち胸や股間を触れられる
・食堂で下半身を裸にされいじられる
・四つんばいで食事
・人前で放尿、そのまま全裸になりショールをかぶる
・裸でパレードに参加、いじられる
・柔道中にいじられる
といったところ。

 露出狂伝説シリーズで知られるウィルテイムさんの作品。
 全体的にきつめになっています。力や状況で強制するタイプの作品なので好みは分かれるかも。露出シーンは相対的には多くないですが、絵のエロさは流石です。ただm描写はエロよりも屈服するまでの過程に重点がある印象で、エロがメインの作品では無いのかも?
満足度 ★★★☆☆

絆はかくも脆く

作品名 絆はかくも脆く
作者 ウィルテイム、公式サイトDLsite
形式 ビジュアルノベル、ボイス、選択肢あり
画像 サンプル画像 サンプル画像
感想 夫を出世させる為に枕営業したり、逆に弱みを握られて色々させられる話。

露出や羞恥系のシチュエーションは
・生放送中にいじられる。
・生放送前に利尿剤を飲ませ、放送中に放尿させる。
・大人の玩具の通販番組と偽り、ローターやバイブを使う所を収録(放送はされない)。
・ノーパンノーブラで脚を開いた状態でニュースを放送。そのままバレないように放尿、オナニー、リモコンバイブ。
・カメラの前で全裸になり本番(放送はされない)。
・駅前で全裸になりポールダンス、放尿。
といった感じ。

 ドロドロのストーリー展開や絵のクオリティの高さが素晴らしいです。露出行為も人気キャスターである点を上手く生かしていて、シチュエーションにも満足。タイトル「絆はかくも脆く」が示す通りにメインストーリーは寝取られですが、寝取られが苦手でも行為自体の濃度が高いので満足できるかも。
満足度 ★★★★★

そいうえばこれ思い出しました。「世界で一番くだらない番組」(フジテレビ)の1コーナー「日光テレビショッピング」。
YouTube - また頭がおかしい通販
これの一番最初のやつです。

優美の露出狂伝説ハードコア

作品名 優美の露出狂伝説ハードコア
作者 ウィルテイム、公式サイトDLsite
形式 ビジュアルノベル形式(選択肢無し)
画像 サンプル画像 サンプル画像
感想  ウィルテイムさんの「優美の露出狂伝説2」のシリーズです。教室でオナニーをしているのがドSのクラスメイト(女性)に見つかり、そこから露出プレイの強要とかされていきます。

シチュエーションは
・制服の一部を切り取られたまま歩く、その後全裸に
・教室でみんなに見られながらあそこを開く、剃毛、放尿
・モップの枝をアナルに
・車のボンネットに裸のまま大の字で拘束され、街中へ
・繁華街を裸のまま歩く、そのまま性交
・裸で後手に縛られたままジュースを買いにいく
・生放送に乱入
など。ちなみに今作には挿入描写が結構あります。

 ドSの女の子のいじめとしてストーリーは進行しますが、最終的にぶっ壊れる所まで行きます。とにかく壊れっぷりが凄い(いじめられているとは言っても自分がそれを望んでいる事を自覚した上でのプレイです)。前作「優美の露出狂伝説2」もかなり過激でしたが、それ以上。
 行き過ぎてると感じる部分もありましたが、露出狂であるヒロインの行動や描写が素晴らしいく、満足できた作品。
満足度 ★★★★☆

転落隷女

作品名 転落隷女
作者 ビジュアルノベル、ボイスあり
形式 ウィルテイム、公式サイトDLsite
画像 サンプル画像 サンプル画像
感想 閉鎖された学園での陵辱を描いた作品。

露出に関係するシーンは
保健の授業と称して、クラスの前で全裸のM次開脚になる。
・繁華街で全裸に
・繁華街を全裸四つんばいで歩く・放尿
です。ちなみにちょっとだけ、ふたなりと獣姦ありです。

ひたすら陵辱、ボリュームかなり多め、文章も多めです。本格的に壊れていく女の子オンリーの作品なので、それが大丈夫ならいけます。
満足度 ★★☆☆☆
実用性は高いと思うのですが、鬱度も高いです。

アダルトビデオにでませんか

作品名 アダルトビデオにでませんか
作者 ウィルテイム、公式サイトDLsite
形式 ノベルゲーム、ボイスあり
画像 サンプル画像 サンプル画像
感想 主人公はアダルトビデオ制作会社の人間。街でスカウトした、性格の異なる2人をアダルトビデオに出演させることに。

後半では露出も結構あります。
・首輪にアナルバイブだけの格好で、犬として商店街にて買い物・繁華街にて赤ちゃんルックでオムツに放尿
公園でフェラ、全裸でレズ行為
・公園のベンチで剃毛していじられる
ちなみに寝取られもあり。

全体として嫉妬心や恨みが絡む暗めの作品。その上でエロ行為にのまれていってしてしまう様が描かれています。
シチュエーションはかなりエロいです。露出は強制露出のみで、触られてしまう事も。でもあんまり周囲の視線を感じなかったかも?
満足度 ★★★☆☆
シチュエーションに満足。絵にはそこそこ満足といった感じ。
そういえば、葵の露出狂伝説とかのウィルテイムさんの絵と違う気がする。

催眠羞恥露出

ゲーム名 催眠羞恥露出
作者 ウィルテイム、公式サイトDLsite
形式 ビジュアルノベル形式、ボイス有り
画像 サンプル画像

サンプル画像
コメント ・タイトルの通り、催眠状態からの羞恥や露出です。
・最初は催眠で、その催眠が解けて…といった流れ。
・露出と羞恥と両方が多分に盛り込まれた作品。
良かったシーン お酒の席で下半身裸に。
首輪をつけて全裸で公園を散歩
満足度 ★★★★☆

優美の露出狂伝説2

ゲーム名 優美の露出狂伝説2
作者 ウィルテイム、公式サイトDLsite
形式 ビジュアルノベル形式、ボイス有り
イラスト サンプル画像

サンプル画像
コメント ・前作「優美の露出狂伝説」で露出しすぎてしまったために引っ越した先で、露出をしないと写真をばらすという強迫メールを受け取った優美。露出とは決別しようとするも、その強迫に負けてしまい…。
・前作同様にどんどん壊れていくヒロインが魅力。
・かなり過激な内容の露出が多く、非常に満足いく作品でした。
良かったシーン 全裸の優美と、全裸で縛られた優美の母親が、昼間の商店街を歩く
満足度 ★★★★☆

葵の露出狂伝説

ゲーム名 葵の露出狂伝説
作者 ウィルテイム、公式サイトウィルテイム
形式 ビジュアルノベル形式、ボイス有り
イラスト サンプル画像

サンプル画像
コメント ・露出をしている女性を見てしまったことをきっかけに、自分も露出をはじめてしまった紺野葵。段々と行為はエスカレートしていく。
・自分からどんどん露出をしていきます。周りに人目のある所に行ったりと、最終的にはかなり過激な行為に。
・露出行為にどんどん目覚めていきます。最後まで露出のみで、誰かとHをする事はありません。
良かったシーン 浜辺をボディペイントで歩き、海に入りそのペイントを落として全裸に。
満足度 ★★★★☆
このサイトについて
 当サイトは露出・羞恥などのアダルト関連の漫画、ゲーム、同人作品、AV等を話題としております。 18歳未満の方の利用を固く禁じておりますので、18歳未満の方は退室をお願いします。
連絡先
露出系エロゲー新着作品
新着の露出系電子書籍
記事検索
  • ライブドアブログ